プロテインのおすすめランキング2019!コスパ最強の人気プロテインを徹底比較

プロテインのおすすめランキング2019!コスパ最強の人気プロテインを徹底比較

すぐにおすすめを見る!
プロテインのおすすめランキング

「プロテインを買いたいけど種類が多くて選べない…」
「人気のプロテインを比較する基準がほしい…」

調べれば調べるほどどのプロテインがおすすめなのか分からなくなりますよね

そこでこの記事では、50種類以上のプロテインを飲んできたプロのトレーナーが

  • プロテインの種類による効果の違い
  • 失敗しないプロテインの選び方
  • おすすめのプロテイン

を紹介します。プロテイン選びで迷ったらまずご覧ください!

この記事を書いた人
林ケイスケ
パーソナルトレーナー

自重専門のパーソナルトレーナーとして活動しながら、uFitではトレーニングメニューや筋トレ・ダイエットの知識について執筆。また、多くの人にもっと筋トレが身近なものになるよう、SNSを使って自宅で行えるトレーニング動画を発信しています。

まずはプロテインの種類による違いを理解しよう

まずはプロテインの種類による違いを理解しよう

おすすめのプロテインを見て行く前に、まずはプロテインの種類による違いを理解しましょう。

プロテインの種類は主に以下の3つ。

  • ホエイプロテイン
  • カゼインプロテイン
  • ソイプロテイン

先に結論を言ってしまうと、筋肉を付けるためにはホエイプロテインが最もおすすめです。ここではその理由について詳しく解説します。

1.原材料による効果について

原材料による効果について

まずはプロテインごとの「原材料による効果の違い」から。

それぞれの原材料は、

  • ホエイプロテイン:牛乳
  • カゼインプロテイン:牛乳
  • ソイプロテイン:大豆

また、ホエイとカゼインは製造工程が異なるので効果が変わってきます。

プロテインの効果

・ホエイプロテイン
筋肉を効率よく付けるのに最適
…運動(筋トレ)後の栄養補給に最適
…溶けやすく吸収が早い
…ミネラルやビタミンなどの栄養素が豊富

 

・カゼインプロテイン
ホエイプロテインの補助として使うのが最適
…就寝前の栄養補給に最適
…不溶性で溶けにくいので吸収が遅い
…腹持ちがよく間食の予防になる

 

・ソイプロテイン
ダイエット目的で飲むのに最適
…就寝前や朝食に最適
…植物性のタンパク質をとれる
…腹持ちがよく間食の予防になる

ホエイプロテインは運動直後だけでなく、就寝前やダイエット目的に飲むこともできます。

ホエイプロテインは万能なので、迷ったらホエイプロテインを選びましょう

種類の違いによる価格の差はない!

ホエイ・カゼイン・ソイなどの種類の違いによる価格の差はほとんどありません。それよりも、商品ごとの価格の差が大きいので、比較検討する際は商品ごとの価格に注目しましょう

2.美味しさについて

美味しさについて

プロテインは種類によって原材料や製造工程が違うので、飲みやすさも異なります。

もちろん、様々な味のプロテインが出ているので味に関しては好みの問題ですが、それぞれに以下のような特徴があります。

プロテインごとの美味しさ

・ホエイプロテイン
基本的に美味しい(ほぼジュース)
…溶けやすいのでダマになりにくい
…種類が豊富で味を選べる

 

・カゼインプロテイン
独特のえぐみがある
…溶けにくいのでダマになりやすい
…種類が少なく味を選べない

 

・ソイプロテイン
基本的に美味しい(ほぼジュース)
…溶けやすさは商品次第
…味の種類はホエイよりは少ないがカゼインよりは多い

プロテインが溶けないでダマになると「めちゃくちゃ不味い」です。プロテインを飲む際はプロテインを混ぜるシェイカーも使いましょう。

初めてのプロテインなら”ホエイ”がおすすめ

初めてのプロテインなら”ホエイ”がおすすめ

ここまで紹介したプロテインごとの違いをまとめると、

ホエイプロテイン カゼインプロテイン ソイプロテイン
原材料 牛乳 牛乳 大豆
吸収速度 吸収が早い 吸収が遅い 普通
飲むシーン 運動後 就寝前 ダイエット
溶けやすさ 溶けやすい 溶けにくい 商品次第
美味しさ ×

初めてプロテインを購入する方は、

  • 筋肉をつけたい→ホエイプロテイン
  • ダイエット→ソイプロテイン

を選びましょう。

また、カゼインプロテインは玄人向けのプロテインなので、初めてプロテインを購入する方にはおすすめしません

プロテインの失敗しない選び方

プロテインの失敗しない選び方

ここからはプロテインを選ぶ上で大切な3つの基準を紹介していきます。

プロテイン選びで失敗しないために、プロテインを比較して選ぶ際の参考にしてください。

1.タンパク質の含有量で選ぶ

タンパク質の含有量で選ぶ

プロテインを飲む最大の目的は「タンパク質を摂取すること」。

プロテインを選ぶために大切なポイントはいくつもありますが、何よりも真っ先にタンパク質の含有量を見ましょう

筋肉をつけたいのであれば、目安としては1食あたり15gを超えているものを選ぶのがおすすめです。

栄養成分表示をチェック!

海外のプロテインは栄養成分表示の「Protein」という項目がタンパク質です。必ずチェックしましょう。

2.コスパ(継続できる価格)で選ぶ

コスパ(継続できる価格)で選ぶ

プロテインは継続して飲まないと意味がないので、毎日飲める価格帯のプロテインを選びましょう。

プロテインごとに内容量が異なるので、価格を比較する際には「1食あたりの価格」で比較しましょう。1食あたり100円しないプロテインもありますよ。

最初からまとめ買いはNG!

3kgや5kgなどの内容量の多いプロテインを買えば価格は安くなりますが、味が美味しくないと飲みきれないこともあります。

 

「プロテインを初めて買う」「新しい味にチャレンジする」ときは、少し割高でも小さいパッケージを買うのがおすすめです

3.味で選ぶ

味で選ぶ

様々な味が販売されているプロテインですが、特におすすめの味は以下の4つ。

  • チョコレート
  • ココア
  • バニラ
  • カフェオレ

初めてプロテインを購入する場合は「無難な味」を選んでおくと間違いありませんよ。

美味しいプロテインを厳選!

この記事で紹介するおすすめのプロテインは、編集部で実際に全て飲んで美味しいことを確認しています。

 

ただし、価格や栄養バランスの総合評価によるランキングなので、美味しさだけに特化してプロテインを選びたい方は、以下の記事をご覧ください。

 

【参考】毎日飲みたい美味しいプロテインTOP10

プロテインのおすすめランキング

それでは、おすすめのプロテインを見ていきましょう。

50種類以上のプロテインを実際に試飲し、タンパク質の配合量や価格を徹底比較してランキングを作成。プロテインは毎日飲むものなので、コスパ面も重視しています。

1.Myprotein「Impact ホエイプロテイン」

Myprotein「Impact ホエイプロテイン」

安くて良いものが欲しいという方におすすめなのがMyproteinの「Impact ホエイプロテイン」。

最大の特徴はそのコスパの高さ。1食あたり20gのタンパク質を含み、価格が約70円という驚異的な安さです。

また、Impactホエイプロテインには体内で生成できない必須アミノ酸(EAA)もバランスよく配合されているので、筋トレ後の栄養補給として最適なプロテインと言えます。

ちなみに、Myproteinはヨーロッパで売り上げNo.1のブランド。日本でも多くの方に愛飲されているので、海外産で安いプロテインはなんだか不安…という方も安心して選んでくださいね。

原料の種類 ホエイ
内容量 1,000g
価格 2,790円
*公式サイトなら30%オフのキャンペーン中
価格/1食 70円
タンパク質/1食 20g
味の種類 ストロベリークリーム、チョコバナナ、チョコレートブラウニー、ナチュラルストロベリー、ナチュラルチョコレート、抹茶、ココナッツ、チョコミント

2.ザバス「ホエイプロテイン100」

ザバス「ホエイプロテイン100」

プロテインを初めて買うのにいきなり海外産は怖い…という方におすすめなのが、明治が販売している「ザバスホエイプロテイン100」。

最大の特徴はとにかく美味しいこと。特にココア味は本物のココアと間違えるほどの味で、牛乳で溶かして飲めばさらに美味しく飲むことができます。

また、タンパク質含有量は15gと1位のImpactホエイプロテインに劣りますが、ビタミンB群やCを添加することで、バランスの良いホエイプロテインになっています。

もちろん価格もかなり安いので、コスパの良さも抜群です。

原料の種類 ホエイ
内容量 1,050g
価格 3,977円
価格/1食 約80円
タンパク質/1食 15.0g
味の種類 ココア、バニラ、リッチショコラ、香るミルク風味、抹茶風味、ヨーグルト風味

3.ザバス 「ソイプロテイン100」

ザバス 「ソイプロテイン100」

ソイプロテインの中で定番中の定番とも言えるザバスの「ソイプロテイン100」。

1食あたりのタンパク質含有量は15gと、ソイプロテインの中では非常に多いです。さらに、カロリーはたったの79kcalなのでお菓子や間食の代わりに飲むのにも最適ですね。

また、ザバスソイプロテイン100は体内で作ることのできない必須アミノ酸をバランスよく配合。ダイエットで不足しがちなタンパク質・ナトリウム・ビタミン群・葉酸などを効率よく摂取することができます。

原料の種類 ソイ
内容量 1,050g
価格 3,537円
価格/1食 約71円
タンパク質/1食 15g
味の種類 ココア、ミルクティー
SAVAS(ザバス)
¥3,499 (2019/11/11 13:54:33時点 Amazon調べ-詳細)

4.Optimum Nutrition「ゴールドスタンダード100%ホエイ」

Optimum Nutrition「ゴールドスタンダード100%ホエイ」

アメリカで高い人気を誇る世界シェア1位のOptimum Nutritionが販売する「ゴールドスタンダード100%ホエイ」。

最大の特徴は高純度のタンパク質(WPIホエイ)を使用していることと1食あたりのタンパク質含有量が24gと多いことです。

また、味のバリエーションが豊富なのも人気の所以。ダブルリッチチョコレート、ストロベリー、バニラ、バナナなど20種類のフレーバーがあり、プロテインで想定されるほとんどの味は網羅されています。

原料の種類 ホエイ
内容量 907g
価格 4,985円
価格/1食 約172円
タンパク質/1食 24g
味の種類 ミルクチョコレート、バナナクリーム、バターケーキ、ドーナツケーキ、ココナッツチョコレート、チョコレートバナナ、チョコレートヘーゼルナッツ、チョコレートメルト、チョコレートミント、チョコレートピーナッツバター、コーヒー、クッキー&クリーム、デリシャスストロベリー、ダブルリッチチョコレート、エクストレームミルクチョコレート、フレンチバニラクリーム、ライムパイ、モカカプチーノ、ロッキーロード、塩キャラメル、ストロベリー&クリーム、ストロベリーバナナ、バニラアイスクリーム、ホワイトチョコレート

5.DNS 「プロテインホエイ100」

DNS 「プロテインホエイ100」

とにかく美味しいプロテインが良いという方におすすめなのがDNSの「プロテインホエイ100」。

様々なフレーバーがありますが、カフェオレが一押しで、牛乳で溶かすとカフェオレを飲んでいるようにしか感じません

また、アンチドーピング認証プログラムを取得しており、安全面もしっかりしています。少々割高ですが、美味しいプロテインならコレといえるホエイプロテインです。

原料の種類 ホエイ
内容量 1,050g
価格 3,960円
価格/1食 132円
タンパク質/1食 24g
味の種類 カフェオレ、抹茶、レモン、プレミアムチョコレート、リッチバニラ、イチゴミルク、バナナオレ、トロピカルマンゴー

6.ウイダー「マッスルフィットプロテイン」

ウイダー「マッスルフィットプロテイン」

ホエイとカゼインの2種類のプロテインが配合されているウイダーの「マッスルフィットプロテイン」。

吸収速度の異なる2種類のプロテインを一度に摂取できるので、アミノ酸が体内に長時間留まり、効率よく筋肥大することができます。

また、ウイダープロテインの独自成分であるEMRを配合。EMRはタンパク質の合成を促進する作用があり、酷使された筋肉をいち早く回復させることができます

味もかなり美味しく仕上がっており、プロテインを初めて買う方でも飲みやすいプロテインです。

原料の種類 ホエイ、カゼイン
内容量 900g
価格 3,649円
価格/1食 約81円
タンパク質/1食 15g
味の種類 ココア、バニラ

7.Kentai 「ウェイトダウン ソイプロテイン」

Kentai 「ウェイトダウン ソイプロテイン」

ザバスのプロテインと成分がかなり似ているKentaiの「ウェイトダウン ソイプロテイン」。

最大の違いは食物繊維を配合していることで、身体を絞り込むことに焦点を当てたプロテインになっています。

脂肪を落とすだけでなく、筋肉を増やしながら基礎代謝を上げて減量していきたい男性におすすめです。

原料の種類 ソイ
内容量 1,000g
価格 3,099円
価格/1食 約62円
タンパク質/1食 14.5g
味の種類 ストロベリー、バナナラテ、ココア
Kentai(健康体力研究所)
¥3,290 (2019/11/11 13:54:36時点 Amazon調べ-詳細)

8.バルクスポーツ「ビッグカゼイン」

バルクスポーツ「ビッグカゼイン」

カゼインプロテインの中でも飲みやすいと評判なのがバルクスポーツの「ビッグカゼイン」。

ドロドロとしやすく飲みづらいといわれるカゼインの中では、かなり美味しく飲めるカゼインプロテインです。

味はキャラメル・マンゴー・チョコレートの3種類。一番人気はキャラメルで、牛乳で飲むとかなり美味しく飲むことができますよ

原料の種類 カゼイン
内容量 1,000g
価格 3,244円
価格/1食 約98円
タンパク質/1食 22.7g
味の種類 キャラメル、チョコレート、マンゴー
バルクスポーツ
¥4,054 (2019/11/11 13:54:36時点 Amazon調べ-詳細)

9.ボディウィング 「大豆プロテイン」

ボディウィング 「大豆プロテイン」

とにかく安いソイプロテインが欲しい方におすすめなのが、ボディウェイングの「ボディウィング 大豆プロテイン」。

1kgあたり2,100円というのはソイプロテインとして破格のお値段。純粋なソイプロテインのみとなっており、ビタミン群や葉酸などは含まれておらず、砂糖や人工甘味料も一切入っていないので甘いものが苦手という方にもおすすめです。

「プロテイン=甘い」と避けている方にも試してもらいたいプロテインです。ちなみに、豆乳に混ぜて飲むとかなり美味しいです。

原料の種類 ソイ
内容量 1,000g
価格 2,100円
価格/1食 42円
タンパク質/1食 約17g
味の種類 プレーン
ボディウイング
¥2,100 (2019/11/11 13:54:37時点 Amazon調べ-詳細)

10.チャンピオンパフォーマンス 「ヘビーウェイトゲイナー 900」

チャンピオンパフォーマンス 「ヘビーウェイトゲイナー 900」

とにかく体を大きくしたい方におすすめなのがチャンピオンパフォーマンスの「ヘビーウェイトゲイナー 900」。

1食でタンパク質を33g、605カロリーを摂取することができる驚異的なプロテインです。ただし、一食当たり154gのプロテインを摂取するのはほぼ不可能なので、数回に分けて飲むことをおすすめします。

体質的に太りづらい方や、筋肉と同時に脂肪もつけて体のサイズを大きくしたい方におすすめです。

原料の種類 ホエイ
内容量 3,200g
価格 4,790円
価格/1食 約240円
タンパク質/1食 33g
味の種類 チョコレートブラウニー
チャンピオンパフォーマンス (Champion PERFORMANCE / Champion Nutrition)
¥5,490 (2019/11/11 13:54:38時点 Amazon調べ-詳細)

牛乳で飲むと美味しさ&栄養価アップ!

チョコレート味やカフェオレ味のプロテインであれば、牛乳で溶かすとかなり美味しくなるのでおすすめです。ただし、変わり種のプロテインを牛乳で溶かすのはおすすめしません…

また、牛乳で溶かした方が栄養価が高くなるのは言わずもがな。牛乳の分だけ栄養価が高くなります。

プロテインのおすすめランキング(振り返り)

商品画像 Myprotein「カゼイン ミセル パウダー」 DNS 「プロテインホエイ100」 マッスルフィットプロテイン バルクスポーツ「ビッグカゼイン」 ボディウィング 大豆プロテイン チャンピオンパフォーマンス 「ヘビーウェイトゲイナー 900」
メーカー Myprotein ザバス ザバス Optimum Nutrition DNS ウイダー Kentai バルクスポーツ ボディウィング チャンピオンパフォーマンス
商品名 Impact ホエイプロテイン ホエイプロテイン100 ソイプロテイン100 ゴールドスタンダード100%ホエイ プロテインホエイ100 マッスルフィットプロテイン ウェイトダウン ソイプロテイン ビッグカゼイン 大豆プロテイン ヘビーウェイトゲイナー 900
原料の種類 ホエイ ホエイ ソイ ホエイ ホエイ ホエイ、カゼイン ソイ カゼイン ソイ ホエイ
内容量 1,000g 1,050g 1,050g 907g 1,050g 900g 1,000g 1,000g 1,000g 3,200g
価格 2,790円 3,977円 3,537円 4,985円 3,960円 3,649円 3,099円 3,244円 2,100円 4,790円
価格/1食 70円 約80円 約71円 約172円 132円 約81円 約62円 約98円 42円 約240円
タンパク質/1食 20g 15.0g 15g 24g 24g 15g 14.5g 22.7g 約17g 33g
味の種類 ストロベリークリーム、チョコバナナ、チョコレートブラウニー、etc ココア、バニラ、リッチショコラ、香るミルク風味、etc ココア、ミルクティー ミルクチョコレート、バナナクリーム、バターケーキ、etc カフェオレ、抹茶、レモン、プレミアムチョコレート、etc ココア、バニラ ストロベリー、バナナラテ、ココア キャラメル、チョコレート、マンゴー プレーン チョコレートブラウニー
商品リンク Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る

プロテインに関するQ&A

プロテインに関するQ&A

最後に、プロテインに関する様々な疑問を、Q&A形式でまとめたので参考にしてください。

Q1:プロテインはいつ飲むべきですか?

A:トレーニング後30分以内が最もおすすめです。

プロテインを飲むのにおすすめのタイミングは主に以下の3つ。

  1. トレーニグ30分後
  2. 就寝前
  3. 朝食と一緒に

目的に応じて飲むべき最適なタイミングは変わります

Q2:プロテインに副作用はありますか?

A:基本的に副作用はありません。

プロテインはタンパク質を摂取するための「栄養補助食品」。医薬品ではありませんので、副作用はありません

プロテインを飲むと「肝臓や腎臓に負担がかかり、抜け毛が増える」という噂もありますが、事実ではありませんので安心してプロテインを飲んでください。

ただし、次の項目で説明するように、下痢や腹痛になる方はいるので体質によってはプロテインが合わない場合もあります。

【参考】プロテインでよく挙げられる副作用を検証

プロテインに副作用はある?飲み過ぎによる肝臓、腎臓、抜け毛などの副作用を総まとめプロテインに副作用はある?飲み過ぎによる肝臓、腎臓、抜け毛などの副作用を総まとめ

Q3:プロテインを飲むと下痢や腹痛になるのですが…

A:乳糖不耐症の可能性が高いです。

プロテインを飲むと下痢や腹痛になる方は一定数います。原因は様々ですが、乳糖不耐症の可能性が高いです。

プロテインで下痢や腹痛になる場合は、乳糖がほとんど含まれていないWPIプロテインを選ぶようにしましょう。

Q4:プロテインはドーピングに引っかかりますか?

A:プロテインでドーピングに引っかかることはありません。

プロテインの原材料は牛乳や大豆などの食品なので、ドーピングの心配はありません。

また、国内外のほとんどのプロテインメーカーは、アンチ・ドーピング機構と連携してアンチ・ドーピングの活動に力を入れています

プロテインを飲むとドーピングに引っかかるという噂は嘘なので、プロテインを活用してタンパク質を効率的に摂取しましょう。

激安プロテインは要注意!

価格が安い(コスパが良い)ことを売り文句にしているプロテインには、成分表示にない成分が含まれていることもあり、アスリートが意図せず摂取してドーピングに引っかかってしまった…という事例もあります

Q5:太るためにおすすめのプロテインはありますか?

A:ウェイトゲイナーを選びましょう。

太ることを目的としたウェイトゲイナー(ウェイトアッププロテイン)には、タンパク質だけでなく太るために必要な糖質や脂質が多く配合されています。

ガリガリがコンプレックスで太りたいという方はウェイトゲイナーを試すのがおすすめです。

Q6:プロテインと一緒に飲むのがおすすめのサプリはありますか?

A:目的によってケースバイケースです。

例えば、筋肉を増やしたいのであればトレーニングで限界まで力を引き出すためにBCAAやクレアチンなどをプロテインと一緒に飲むのがおすすめです。サプリの優先順位については、下記記事を参考にしてください。

まとめ:あなたの目的にあったプロテインを!

今回はホエイ・カゼイン・ソイプロテインの違いをはじめ、プロテインの選び方やおすすめのプロテインを紹介してきました。

プロテインを飲む目的は様々ですが、私たちの身体にとって欠かすことのできないタンパク質を手軽に摂取できるプロテインを試してみましょう♪

もう一度人気のプロテインを比較したい方は、「プロテインのおすすめランキング」からチェックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です