プロテインを飲むタイミングは「筋トレ後・就寝前・朝」のゴールデンタイムがおすすめの理由

プロテイン 飲む タイミング

筋トレの後や練習の後にプロテインを飲んでいる人は多いでしょう。

部活動に取り組んでいる高校生や大学生などの学生をはじめ、ジムで筋トレをしている社会人、ダイエットのためにジム通いをしている方、競技のトップレベルで活躍するアスリートなど、幅広い人がプロテインを活用しています。

トレーニング後にプロテインを摂取するのは一般的ですが、より効果を引き出すために飲むべきタイミングは大きく分けて4つあります

どのタイミングがベストかというのは目的に応じて変わりますので、あなたがプロテインを飲む目的に応じてベストのタイミングを選べるように知識をつけましょう。

プロテインを飲むタイミング1:トレーニング後30分以内は筋力アップのゴールデンタイム

プロテインを飲むタイミング1:トレーニング後30分以内は筋力アップのゴールデンタイム

筋肉は損傷と修復を絶えず繰り返して大きくなっていきますが、「トレーニング」→「栄養補給」→「休養」という3ステップを通して筋肉は大きくなります

しかし、どれか1つでもステップが欠けていると筋肉は大きくなりません。トレーニングをしても栄養補給をしなければ、傷ついた筋繊維が修復されず、筋力アップではなく筋力ダウンしてしまいます。

特に、激しいトレーニングをするほど筋繊維の損傷は激しくなり、栄養補給をすれば筋力アップの効果が大きいですが、栄養補給をしなければ筋力ダウンの影響も大きいです。

筋力アップさせるために重要な栄養補給。実はトレーニング後30分(30〜45分と言われることも)は筋肉が栄養(アミノ酸など)を吸収する効率が良いゴールデンタイムです。

トレーニング後すぐに食事が取れない場合も多いので、手軽に栄養を取れるプロテインが重宝されます。

トレーニング後に飲むプロテインとしては、吸収スピードがプロテインの中で最も速いホエイプロテインがおすすめです。

プロテインを飲むタイミング2:筋肉の修復を助ける就寝前

プロテインを飲むタイミング2:筋肉の修復を助ける就寝前

寝ている間に成長ホルモンが分泌されるという話を一度は聞いたことがあると思いますが、人間の身体が筋肉の修復を最も行うのは寝ている間です。

しかし、成長ホルモンなどの体を修復/回復させるためのホルモンがどれだけ出ていても、身体を実際に作る材料がなければ筋肉はつきません。

そして、身体を作る材料こそがタンパク質なのです。実は、筋肉をはじめ、内臓や髪の毛なども体のほとんどがタンパク質からできていると言っても過言ではないほど、タンパク質は人体に欠かせません。

そのタンパク質を寝る前に補給することで、寝ている間の体の回復活動を助けることができます

特に日中に激しいトレーニングをして筋肉が壊されている場合には、多くのタンパク質が必要になりますので、食事だけで補えないタンパク質を寝る前に補充するのは大切です。

注意点としては、寝る直前にプロテインを飲むと胃が活動して睡眠の質が落ちてしまうので、就寝の1時間程前に飲むのがいいでしょう。

就寝前に飲むプロテインとしては、吸収に時間のかかるカゼインプロテインやソイプロテインがおすすめ。就寝中、長い時間にわたって栄養を体に供給してくれます。もちろん、ホエイプロテインでも問題ありません。

プロテインを飲むタイミング3:エネルギーが枯渇した朝の体にエネルギー補充

プロテインを飲むタイミング3:エネルギーが枯渇した朝の体にエネルギー補充

身体は就寝中に回復するために多くのエネルギーを使うので、起きた時というのはエネルギーが枯渇しています。

特に前の日に体を酷使している場合は就寝中に消費されるエネルギーが多いので、朝の栄養補給が大切です。

正直なところ、完璧な栄養バランスの朝食を食べられるのであれば、朝にプロテインは必要ありません。

しかし、シリアルだけ、パンだけ、バナナとヨーグルトなどの簡易的な朝食で済ませている人も多く、十分な量のタンパク質を摂取できていないというのが多くの人にとって現状です。

朝食の栄養バランスを整える意味合いでも朝のタイミングでプロテインをとるのは効果的です。

プロテインを飲むタイミング4:食後のプロテインでタンパク質摂取量を増やす

栄養バランスの改善やダイエット目的では食事と一緒に

体重を増やしたいと言って単純に食事量を増やしてしまうと、糖分や脂肪分が多いため体に余計な脂肪がついてしまいます。

さらに、食事バランスの崩れから生活習慣病を発症してしまう可能性もあります。

その点、高タンパク質、低カロリーのプロテインは余分な脂肪分を取らずに筋肉作りのサポートをしてくれます

例えば食事で取るお肉の量を200gから300gに増やすのではなく、200g+プロテインとして必要なタンパク質を満たすというイメージです。

また、食事と一緒にプロテインを飲む場合は、食前よりも食後の方が好ましいです。理由は、食事をすることで分泌されるインシュリンがタンパク質の吸収をサポートしてくれるためです。


ここまで、プロテインを摂取すべきタイミングについてご紹介してきましたが、肝心のプロテインはどれを選べばいいの?と疑問に思う方も多いでしょう。

プロテインは様々なメーカーが様々な種類を販売しており、どれを飲めばいいかわかりにくくなっているのが現実。プロテインに配合されている成分を理解した上で選ぶのが理想ですが、栄養成分を理解するのは難しいですよね。

そこで、uFit編集部で、プロテインを飲む目的別におすすめのプロテインを選べるように、以下の記事ではランキング形式でプロテインをまとめています。どのプロテインを選ぼうか悩んでいる方はご覧ください♪

プロテインのおすすめランキング2019!コスパ最強の人気プロテインを徹底比較プロテインのおすすめランキング2019!コスパ最強の人気プロテインを徹底比較

トレーニングをしない日もプロテインの摂取を忘れないで!

食事だけで太れない方にプロテインがおすすめの理由

筋肉の回復には2~3日かかることがわかっています。

筋トレが好きな方にとって、同じ部位のトレーニングは数日空けて行うのが当たり前ですが、これは「超回復」を狙ってのことです。

トレーニングをした後やその日の夜、翌日の朝にはプロテインを飲むが、トレーニングをしない日は飲まないという方も多くいます。

しかし、トレーニングをしない日でもプロテインを飲むことで筋肉の回復を助けますし、トレーニングをしない日に十分な栄養がないと筋力アップしないで効率よく目標とする体づくりを達成できない可能性もあります。

トレーニングをしない日こそプロテインで十分な栄養を補給しましょう

まとめ

プロテインを効果的に摂る最適な飲むタイミングをまとめると、

  1. 筋力アップが目的ならトレーニング後30分以内
  2. 日中に激しいトレーニングをして筋肉の回復をしたいなら就寝前
  3. エネルギーが枯渇しがちな朝の体に効率的にエネルギー補給をしたいなら朝食と一緒に
  4. 栄養バランスの改善や体重を増やしたいなら食事後

もちろんこれらのいくつかのタイミングを組み合わせることがベストな場合が多いでしょう。例えばトレーニング後と就寝前に飲むなどです。

プロテインを最適なタイミングで摂って、目指す身体の理想像に近づきましょう!

【参考】プロテインを飲むと腹痛や下痢になる原因を徹底解説

プロテイン 下痢 腹痛プロテインを飲むと腹痛や下痢になる4つの原因。ホエイ・ソイプロテインの対策を紹介

【参考】プロテインの副作用を徹底解説

プロテインに副作用はある?飲み過ぎによる肝臓、腎臓、抜け毛などの副作用を総まとめプロテインに副作用はある?飲み過ぎによる肝臓、腎臓、抜け毛などの副作用を総まとめ

【参考】筋トレに最適な時間帯&頻度とは?

筋トレに最適な時間帯&頻度とは?多忙な人でも確実に結果を出せる効率的な方法筋トレに最適な時間帯&頻度とは?多忙な人でも確実に結果を出せる効率的な方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です