ウェイトゲイナーのおすすめ10選!体重を増やすためのウェイトアッププロテインを徹底比較!

ウェイトゲイナーのおすすめ10選!体重を増やすためのウェイトアッププロテインを徹底比較!

すぐにおすすめを見る!
おすすめウェイトゲイナー10選【2019年版】

「体重を増やすためのプロテインが欲しい…」
「太るためにウェイトゲイナーを飲むべきか悩む…」

カロリーが多く、太るために作られたウェイトゲイナー

食べても食べても太れないという方におすすめのプロテインですが、販売されている数が多くてどれがおすすめか分からなくなりますよね。

そこでこの記事では、

  • 普通のプロテインとウェイトゲイナーの違い
  • ウェイトゲイナーの選び方
  • ウェイトゲイナーのおすすめ10選

などを紹介していきます。

ウェイトゲイナーの成分や価格を徹底比較してランキングを作成しているので、選ぶ際の参考にしてください。

ウェイトゲイナーとは?普通のプロテインとの違いを理解しよう

ウェイトゲイナーとは?普通のプロテインとの違いを理解しよう

ウェイトゲイナーは、筋肉量を増やして太る(体重を増やす)ことを目的として作られたプロテインのこと。

ホエイプロテインをベースに作られているものが多く、ホエイプロテインに「炭水化物・糖質・脂質」などを加えてカロリーを大幅に増やしているのが特徴です。

普通のプロテインとの違いをまとめると、

ウェイトゲイナー 普通のプロテイン
原材料 ホエイプロテイン ホエイ・カゼイン・ソイなど様々
目的 筋肉量を増やして太ること 筋肉量アップやダイエット
特徴 高タンパク高カロリー 高タンパク低カロリー
カロリー目安 300〜600kcal 100kcal
タンパク質目安 20~30g 10~20g

普通のプロテインが「高タンパク低カロリー」であるのに対して、ウェイトゲイナーは「高タンパク高カロリー」になっています。

また、ウェイトゲイナーのカロリーは300〜500kcal程度。300kcalはおにぎり1.5〜2個分になるので、ウェイトゲイナーを飲めば太るというイメージが湧きますよね。

参考:普通のプロテインを選びたい方はこちら(別記事)

ウェイトゲイナーの選び方

ウェイトゲイナーの選び方

おすすめのウェイトゲイナーを見て行く前に、まずは選び方を理解しましょう。

ウェイトゲイナー選びで失敗しないために、比較して選ぶ際の参考にしてください。

1.カロリー数で選ぶ

カロリー数で選ぶ

ウェイトゲイナーの1食あたりのカロリー数目安は300〜600kcal

カロリー数が多いものほど1回で飲む量も多くなります。1度で飲み切ろうとするのではなく、1日の中で何度かに分けて飲むのもおすすめです。

また、海外のウェイトゲイナーはカロリー数が高いものも多いので、何が何でも太りたい…という人は海外製のプロテインを選びましょう

太るのにカロリーは必須!

体重を増やすためには「摂取カロリー>消費カロリー」にすることが大前提です。

 

体重が増えない原因は様々ですが、カロリー数を増やせば太れる人がほとんどなので、まずはウェイトゲイナーを活用してカロリー数を増やしましょう。

2.タンパク質含有量で選ぶ

タンパク質含有量で選ぶ

ウェイトゲイナーの1食あたりのタンパク質目安としては20〜35g

ただ太るのではなく、筋肉を付けながら体重を増やすためにはタンパク質が重要です。

ウェイトゲイナーを選ぶ際には成分表の「タンパク質(英語ではProtein)」を確認しましょう。

タンパク質=筋肉の原材料

筋肉はタンパク質を原材料として作られるので、筋トレをしてもタンパク質が不足していると筋肉はつきません。

 

体重を増やしながら筋肉を付けるためにはカロリー数とタンパク質の2つに注目しましょう。

3.価格で選ぶ

価格で選ぶ

ウェイトゲイナーの1食あたりの価格目安としては200円前後

大量に買えば安くなりますが、同じ味を飲み続けるのは飽きてしまうので、まずは普通のサイズを購入するのがおすすめです。

ウェイトゲイナーの価格は高い?

普通のプロテインよりも1食の量が多いので、量に比例して1食あたりの価格も高くなります。

ウェイトゲイナーのおすすめランキング

数あるウェイトゲイナーの中から、おすすめのウェイトゲイナーをランキング形式で紹介していきます。

1.MyProtein「ウエイト ゲイナー ブレンド」

MyProtein「ウエイト ゲイナー ブレンド」

ウエイトゲイナーとしての十分な品質と低価格を兼ね備えたコスパ最強のMyProtein「ウエイトゲイナーブレンド」。

1食の量は125gと普通のプロテインと比べれば多いですが、他のウェイトゲイナーと比べれば少なめなので、無理なく継続して飲むことができます。

また、粉が溶けやすく味も飲みやすいのも特徴。とにかく美味しいウェイトゲイナーが欲しいという方におすすめです。

さらに、今なら公式サイトで30%オフのキャンペーン中なので、かなり安い価格でウェイトゲイナーを購入することができますよ。

内容量 5,000g
価格 8,990円
*公式サイトなら30%オフキャンペーン中
1食の量 125g
価格/1食 約224円
タンパク質/1食 35g
カロリー/1食 446kcal

2.Champion PERFORMANCE「ヘビーウェイトゲイナー」

Champion PERFORMANCE「ヘビーウェイトゲイナー」

とにかくカロリーが多く、何が何でも体重を増やしたい人におすすめのチャンピオンパフォーマンス「ヘビーウェイトゲイナー」。

水で割った場合はタンパク質33g/カロリー605kcal、牛乳で割った場合は54g/977kcalを摂取することができます。

ただし、国産のプロテインと比べて圧倒的に摂取する量も多く、推奨されている量を飲みきれないという人も多いので注意が必要です。いずれにしても、何が何でも太りたいという人にはおすすめのプロテインです。

内容量 3,175g
価格 5,490円
1食の量 154g
価格/1食 261円
タンパク質/1食 33g
カロリー/1食 605kcal

3位:Optimum Nutrition「ON Serious Mass」

Optimum Nutrition「ON Serious Mass」

1回で摂取できるタンパク質量が50gカロリーが1,250kcalと、2位のヘビーウェイトゲイナーよりも多いのが、Optimum Nutrition「ON Serious Mass」。

ただし、1回の摂取目安量が334gと非常に多いので、実際にこの量を飲むのは難しいところ。量を減らして飲むか、数回にわけて飲むなど飲み方を工夫することをおすすめします。

少し大変ですが、継続して飲み続ければ体重が増えること間違いなしです。味は甘さが控えめなので、海外産の甘ったるいプロテインが苦手という方にもおすすめですよ。

内容量 2727g
価格 3,999円
1食の量 334g
価格/1食 約490円
タンパク質/1食 50g
カロリー/1食 1,250kcal
オプティマムニュートリション(Optimum Nutrition)

4位:グリコ パワープロダクション「マックスロード ウエイトアップ」

グリコ パワープロダクション「マックスロード ウエイトアップ」

吸収速度の異なる3種のプロテイン(ホエイ、カゼイン、大豆)を配合したグリコ パワープロダクションの「マックスロード ウエイトアップ」。

プロテインに加えて2種の糖質(パラチノース、マルトデキストリン)を配合し、吸収しやすさにこだわっています。

また、海外産のウェイトゲイナーと比べて、1食の量が少ないので飲みやすいのも特徴です。

味はマイルドな甘さとコクのあるチョコレート味で、とにかく美味しいと評判。無理なく続けて摂取することができます。

体重を増やしたいけど海外産のプロテインには抵抗があるという方にもおすすめですよ。

内容量 1,000g
価格 3,300円
1食の量 63g
価格/1食 約208円
タンパク質/1食 23,7g
カロリー/1食 236kcal

5位:Kentai「NEWウェイトゲイン アドバンス」

Kentai「NEWウェイトゲイン アドバンス」

吸収のしやすさを考慮して2種類のタンパク質(ホエイ、カゼイン)をバランスよく配合したKentaiの「NEWウエイトゲイン アドバンス」。

激しいトレーニング後に素早く吸収されるホエイと、ゆっくりと吸収されるカゼインを混ぜることでアスリートの栄養補給をサポートしています。

1食当たりのタンパク質は5.9g、カロリーは118kcalと海外のウェイトゲイナーと比べると少ないですが、十分及第点です。1食あたりの価格が比較的安価なので、できるだけ安く済ませたい方にもおすすめです。

内容量 3,000g
価格 6,680円
1食の量 30g
価格/1食 67円
タンパク質/1食 5.9g
カロリー/1食 118kcal

6位:バルクスポーツ「リーンゲイナー」

バルクスポーツ「リーンゲイナー」

一般的なウェイトゲイナーとは異なり、タンパク質炭水化物脂肪3つの主要栄養素をブレンドしているのが、バルクスポーツの「リーンゲイナー」。

バルクスポーツはアンチドーピングの第一人者であり、第三者機関であるBSCGのプログラムに参加してるので、アスリートの方も安心して摂取することができます。

無駄な脂肪を付け過ぎずに体重を増やしたい方におすすめです。

内容量 1,000g
価格 3,888円
1食の量 70g
価格/1食 約278円
タンパク質/1食 19.2g
カロリー/1食 302kcal

7位:GOLD’S GYM「ウエイトゲイナー」

GOLD'S GYM「ウエイトゲイナー」

良質の栄養素を簡単に摂取でき、かつ製品100gあたり脂質が1.8gと、余分な脂質が抑えられているGOLD’S GYMの「ウエイトゲイナー」。

たんぱく質の吸収を促進するビタミンB群を豊富に配合しており、食が細い方でも体重が増えるようにサポートしてくれます。

内容量 1,000g
価格 3,888円
1食の量 30g
価格/1食 約118円
タンパク質/1食 9g
カロリー/1食 114kcal

8位:ウイダー「ウエイトアップビッグ」

ウイダー「ウエイトアップビッグ」

タンパク質などの大きな体を作るための栄養素に加え、食欲増進の効果があるオルニチンも配合されているウイダー「ウエイトアップビッグ」。

ウェイトアップビッグは1食あたりタンパク質5.0g、カロリー112kcalと、KentaiやZAVASのものとほとんど同じです。

エネルギー源となるデキストリンや果糖を多く配合することで、ハードなトレーニングによって筋肉が消耗されてしまうのを防ぐ効果があります。

内容量 1,200g
価格 3,269円
1食の量 30g
価格/1食 約82円
タンパク質/1食 5g
カロリー/1食 112kcal

9位:明治 ザバス「ウェイトアップ ホエイプロテイン」

明治 ザバス「ウェイトアップ ホエイプロテイン」

食事の吸収効率を高める働きがあるビタミンカルシウムマグネシウムが配合されているのが、ザバス「ウェイトアップ ホエイプロテイン」。

1食あたりタンパク質が4.0g、カロリーが77kcalと少し少ないので、プロテイン単体で多量のカロリーやタンパク質を摂取するというよりも、食事の補助で使うことで体重をふやすことができます。

内容量 1,260g
価格 3,756円
1食の量 21g
価格/1食 約63円
タンパク質/1食 4g
カロリー/1食 77kcal

10位:JAY&CO.「ウエイトゲイン パウダー」

JAY&CO.「ウエイトゲイン パウダー」

最後は番外編。

通常のプロテインに加えることで、プロテインのカロリーを上げることができるJAY&CO. の「ウエイトゲイン パウダー」。

1杯あたり76kcalで、2~3倍を通常のプロテインに加えて飲む方が多いです。一度に大量に加えてしまうとダマになりやすいので、少しずつ加えて混ぜるようにしましょう。

内容量 2,000g
価格 2,043 円
1食の量 20g
価格/1食 約20円
タンパク質/1食 0g
カロリー/1食 76kcal
プロテインは飲むタイミングも重要!

ウエイトゲイナーを飲むタイミングによって、吸収される効率は変わります。以下の記事で飲むタイミングを詳しく解説しているので、参考にしてください。

参考:プロテインは「筋トレ後・就寝前・朝」に飲もう!

ウェイトゲイナーのおすすめランキング(振り返り)

商品画像 MyProtein「ウエイト ゲイナー ブレンド」 Champion PERFORMANCE「ヘビーウェイトゲイナー」 Optimum Nutrition「ON Serious Mass」 グリコ パワープロダクション「マックスロード ウエイトアップ」 Kentai「NEWウェイトゲイン アドバンス」 バルクスポーツ「リーンゲイナー」 GOLD'S GYM「ウエイトゲイナー」 ウイダー「ウエイトアップビッグ」 明治 ザバス「ウェイトアップ ホエイプロテイン」 JAY&CO.「ウエイトゲイン パウダー」
メーカー MyProtein Champion PERFORMANCE Optimum Nutrition グリコ パワープロダクション Kentai バルクスポーツ GOLD’S GYM ウイダー 明治 ザバス JAY&CO.
商品名 Impact ウェイトゲイナー ヘビーウェイトゲイナー ON Serious Mass マックスロード ウエイトアップ NEWウェイトゲイン アドバンス リーンゲイナー ウエイトゲイナー ウエイトアップビッグ ウェイトアップ ホエイプロテイン ウエイトゲイン パウダー
1食あたりタンパク質 35g 33g 50g 23.7g 5.9g 19.2g 9.0g 5.0g 4.0g
カロリー 446kcal 605kcal 1,250kcal 236kcal 118kcal 302kcal 114kcal 112kcal 77kcal 76kcal
価格/1回 約224円 約261円 約490円 約208円 約67円 約278円 約118円 約82円 約63円 約20円
商品リンク 公式サイトで見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る Amazonで見る楽天で見る

ウェイトゲイナーに関するQ&A

ウェイトゲイナーに関するQ&A

最後に、ウェイトゲイナーに関するよくある質問をQ&A形式でまとめたので参考にしてください。

Q1:ウェイトゲイナーの最適な飲み方は?

A:水ではなく牛乳で溶かすのがおすすめです。

1食あたり牛乳200gで溶かせば、水で溶かした場合と比べて130kcalのカロリーアップになります。

また、牛乳には様々な栄養素が含まれているため、プロテイン×牛乳は太るためには最適な組み合わせです。

【参考】食事で太れないなら「プロテイン&筋トレ」を活用しよう

男の太る方法 太りたいけど太れない食事で太れないなら「プロテイン&筋トレ」がおすすめ!ガリガリの体から簡単に太る方法3ステップ

Q2:ウェイトゲイナーに副作用はある?

A:適量を飲む分には副作用はありません。

「ウェイトゲイナーは肝臓に良くない」
「カロリーが高いから毎日飲んでいたら糖尿病になる」

と副作用を心配する声もありますが、適量を飲む分には副作用の心配はありません

薬などの医薬品と異なり、プロテインはあくまで補助食品。よほどおかしな飲み方をしない限り副作用はありません。糖尿病になるかもしれないなどの不安は拭い去りましょう。

【参考】プロテインの飲み過ぎによる副作用を総まとめ

プロテインに副作用はある?飲み過ぎによる肝臓、腎臓、抜け毛などの副作用を総まとめプロテインに副作用はある?飲み過ぎによる肝臓、腎臓、抜け毛などの副作用を総まとめ

【参考】プロテインを飲んで腹痛や下痢になる方は以下を参考に

プロテイン 下痢 腹痛プロテインを飲むと腹痛や下痢になる4つの原因。ホエイ・ソイプロテインの対策を紹介

Q3:無駄な脂肪が付くことはある?

A:気をつけて飲まないと無駄な脂肪が付くことがあります。

太りたいと言っても、

  • 食事量を増やして体重を無理やり増加させる
  • 脂肪をつけずに筋肉だけをつけて増量する

それぞれで食事方法や筋トレの方法が異なります。

何も考えずにウェイトゲイナーを飲んでいると、無駄な脂肪がついてブヨブヨの身体になってしまうこともあるので、筋トレも同時に行ってカッコいい体を作りましょう!

【参考】自重トレーニングのスケジュールの組み方とは

【1週間スケジュール付き】本気で結果を出す自重トレーニング14選!器具なしの筋トレで効果をあげるポイントを紹介【1週間スケジュール付き】本気で結果を出す自重トレーニング14選!器具なしの筋トレで効果をあげるポイントを紹介

まとめ:ウェイトゲイナーで効果的に太ろう!

食べても食べても太れない人にとって、大きな味方となってくれるウェイトゲイナーについて紹介してきました。

食事量を増やしても体重が増えない方や、太りたいけどこれ以上食べるのは無理という方はウェイトゲイナーを試してみましょう

もう一度おすすめを見たい方は、「ウェイトゲイナーのおすすめランキング」をご覧ください。

【参考】海外で人気のプロテインを徹底比較

海外で人気のおすすめプロテインTOP10!アメリカの安くておいしいプロテインを徹底比較海外で人気のおすすめプロテインTOP10!アメリカの安くておいしいプロテインを徹底比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です